ビジネスグランドワークスの社長ってどんな人?

社員がガッツポーズ

人材育成を精力的に行っているビジネスグランドワークス。
社長はどんな人なのだろうと素朴な疑問を抱く人も多いはず。
経営理念を知ることは、利用のきっかけにも繋がるはず。
ここでは、代表取締役である宮﨑雅吉さんが考える企業の在り方を紹介します。

ビジネスグランドワークスを立ち上げた経緯

2004年5月、東京都中央区銀座に本社を構え、ビジネスグランドワークスが誕生しました。
社員研修や企業業績向上のための支援を行うのが、代表取締役の宮崎雅吉さんが大切にしている理念。
教育研修に関わる悩みを解決するコンサルティングを扱っているのがビジネスグランドワークスの芯の部分です。
企業が成長するためには質の高い教育が必要です。
それを自分で組み立てるには多くの時間と労力が必要で、経営を軌道に乗せるためには重すぎる負荷になることが少なくありません。
だからこそ、ビジネスグランドワークスが企業の財産となる人材教育のお手伝いを行っているのです。
経営が上向きになるような環境作りは、社員研修のみならず、経営そのものにメスを入れなければならないことも少なくありません。
大切な気づきのお手伝いを行うビジネスグランドワークスの力は、困難な状況に置かれている企業ほど即座に実感できるでしょう。
影響力をもって企業の成長を支援するというスタイルが、現在の社員教育では大切にされています。
いかにして企業の方向性に同調し、そこから大きな歩みを進めていくかが、成長の度合いを決めるはず。
その資産を増やすお手伝いをすることを掲げ、ビジネスグランドワークスは現在も成長を続けています。

研修成果の定着に意識を置いた理念

教育は一度で終了というわけではなく、継続的に問題を提起して改善するというサイクルを考える必要があります。
ビジネスグランドワークスの社員研修は、オーダーメイドな内容が魅力。
企業の意図に寄り添った研修を行い、課題解決を促してくれます。
しかも、企画・実施はもちろんのこと、アフターフォローまでを引き受ける体制を理念に掲げているからこそ、成果の確認を行って次なる問題をあぶり出すことに繋げています。
やりっぱなしの研修ではなく、より良い環境を目指した次の段階を見据えることで、企業が成長するための要素を探しているのです。
机上の学習だけで終わるのではなく、実践型研修というスタイルを貫くのも、経験が現場で活きることを知っているからなのでしょう。
ビジネスグランドワークスの研修は、成果がきちんと定着するかを評価します。
その場限りのスキルではなく、企業が成長するための要素を考えるのが、ビジネスグランドワークス流のサービスなのでしょう。

人材教育に全力を注ぐ意思が伝わる

ビジネスグランドワークスは人材教育に特化した企業です。
それは、代表取締役が目指す企業理念を、スタッフ全体で共有して仕事に活かしているからなのでしょう。
企業が成長するためには人材の育成が必要不可欠です。
研修を受けた社員だけでなく企業全体でも大切さを感じてもらいたいからこそ、ビジネスグランドワークス毎回全力で仕事に臨んでいます。
それは、数ある教育研修コンサルティングの中でも、ビジネスグランドワークスを選んだことに喜びを持ってほしい一心で行動しているのでしょう。